ちいさいひと 青葉児童相談所から学べること

「ちいさいひと」無料試し読みできました。
⇒まんが王国

こんにちは。
2児の母のかりなです。

girl1_l_1

 

大人が出来ることを子どもも出来る、
と思っているという考えは捨てるべきです。

 

 

大人の思っている「普通」や「当たり前」のことは、
大人がそれまでの生活で築いてきたもので、
子どもはそれをこれから築き上げていっている途中なのです。

 

大人は自分のものさしで子どもを見て、
勝手にイライラしてストレスを感じ、
その解消として虐待をしているただの
「自己中」だと言えると思います。

 

 

特に親子関係の場合、子どもと親は習慣によって行動や考えが似ています。

 

 

子どもを見てイライラ感じることって、
実は自分自身も出来ていなかったりするんですよね。

 

 

大人はかつて自分も子どもだったにも関わらず、
子どもの心を読もうとしないというのが問題点です。

 

 

子どもの心を読もうとしない大人は
「大人」とは言えないと私は思います。

 

虐待をして自分にとって何か良いことがありますか、
同じことをされたとき良かったと思うと思いますか、
自分の人生の中にその虐待は必要ですか、

 
そんなことを冷静に考えることが無いから虐待をしてしまうのでしょうが、
それならその冷静な判断が出来るようになるために生活を見直すのが先決です。

 

 

 

虐待がなぜなくならないのか、
そこを変えなければ虐待はなくなりません。